望月眼鏡店

Mochizuki Glasses Store / 2009 /

小さな老舗眼鏡店の改修。クライアントから非日常空間を求められたため、旧き良きファサードからは眼鏡以外を一切見せず、視力測定機器やカウンターなどの機能的な室はショーウィンドウ裏の両端に配置し、中央に序章となるアプローチを設けた。また、色彩豊かな眼鏡が引立つよう、空間は背景となる余白に徹した。ウィンドウからは季節ごとに異なる灯りが街に宿り、道行く人々に季節の変化を告げる。

Reconstructing project of optician’s small store in front of elevated railway. Client’s request is a non-daily and strange space. Functional element arranged to both ends, only glasses are seen through the old facade from outside. Walking through the tunnnel approach, selected glasses are displayed all over your sight. To make a beautiful contrast with various colored glasses, the space should be only a background. By changing the color of fluorescents that light up the street, the passengers are aware of the season in the nighttime.




望月眼鏡店

設計 : TORU SHIMOKAWA (下川 徹, 種子島由佳)
照明 : 山川幸祐
写真 : 水崎浩志

所在地 : 福岡県久留米市
計画種別 : 内装改修
用途 : 眼鏡店
施工面積 : 20.73㎡