諏訪野町の家

House in Suwanomachi / 2011 /

旧い集合住宅一室のフルリノベーション。クライアントは長年ここに住まわれてきたご夫婦で、終の住処を求められた。それに相応しい素材やディテールを吟味し、上質な空間を目指した。天井は建築竣工時から存在するコンクリートスラブを補修することなく現し、それ以下を一新。床は有田焼の磁器タイルヘリンボーン張り。各々の素材は年月を重ねるごとに熟成し、味わいを増すだろう。

Full renovation for one of the room of an old condo. The client, a couple who’s been living here for long time, were looking for the house they can enjoy the rest of their lives. Carefully selected materials and details to make their wish come true, and aimed for high-quality space. As to its ceiling, without touching up its original historical concrete slab, refurbished everything else. All those materials will be aged beautifully as time goes by, and will be attractive day by day.




諏訪野町の家

設計 : TORU SHIMOKAWA (下川 徹, 種子島由佳)
写真 : 水崎浩志

所在地 : 福岡県久留米市
計画種別 : 内装改修
用途 : 専用住宅
施工面積 : 78.22㎡
設計期間 : 2010年8月~2011年3月
工事期間 : 2011年4月~2011年7月


別室の客間計画案